木坂のマーケティング方法

木坂のマーケティング方法

論理的ダイレクトレスポンスマーケティング

木坂のマーケティング方法は、ネットビジネス大百科で語られている通り、無料オファーでの集客→ブランディング→インパクトのあるフロントエンド商品の販売→バックエンドの販売である。

いわゆるダイレクトレスポンスマーケティングなのだが、すべて論理的な裏付けがあるので、理由が分からないと実践できない日本人にはうってつけである。

とにかくこうすれば稼げると言ったあいまいな手法ではなく、理由の説明があるので木坂のマーケティング方法は理解しやすい。

木坂のマーケティング方法は、広告費を一切かけなくても3000万円以上売り上げた販売手法でもすごさを知ることができる。

ネットビジネス初心者から上級者までインターネットで稼ぐなら木坂のマーケティング方法のすべてが公開されているネットビジネス大百科がお勧めです。

ネットビジネス大百科を実質無料で購読するならネットビジネス大百科 詳細はこちら

木坂のマーケティング|オファーとは

木坂のマーケティング|オファーとは

オファーとは、お客様が今すぐ行動したくなる提案のことです。

1万円相当の化粧品が今なら無料とかがオファーですね。

木坂のマーケティングにおいて、特に重要視されているコピーライティングにおいてもオファーが重要と言われている。

なぜ、オファーが重要かと言えば、すごいオファーでないとお客様は行動してくれないからです。

いつも無料のサンプルを今回も無料と言われても別に欲しいなぁとは思わないですよね。

実際にどのようなオファーをすれば多くのお客様に反応してもらえるかは、ネットビジネス大百科のコピーライティング変で語られていますが、インターネットや本屋であることをする必要があるのです。

木坂のマーケティング|コピーライティングとは

木坂のマーケティング|コピーライティングとは

コピーライティングテクニックは、木坂のマーケティングではキモです。

コピーライティングは、メルマガやセールスレターの作成など、インターネット上で情報を公開していく上で必要不可欠なものだからです。

コピーライティングは、QUESTの順番で文章構成をする、ヘッド・サブヘッド・ブレッド・保証・追伸を強力にすることが重要だと言われていますが、そのインパクトの出し方もネットビジネス大百科では公開されています。

そのコピーライティングテクニックこそGDTの法則であり、このテクニックを学べば有名情報起業家のセールスレターがいかにいい加減なものであるかを知ることができるでしょう。

実際に、木坂氏が書いたネットビジネス大百科のセールスレターでは、ブックキーワードのPPC広告で10%の成約率を誇るなど完成度が非常に高い実績もあります。

木坂のマーケティング|バックエンドの販売手法とは

take away sellingとは

木坂のマーケティングでは、フロントエンド商品の後に販売するバックエンド商品で利益を取っていきます。

顧客リストは、1件3000円などと言われていますが、木坂のマーケティングを使えばその10倍は効果があるというデータが出ています。

つまり、お客様リストには3万円の価値があるということです。

アップセル、クロスセル、ダウンセル、ワンタイムオファーの本質とは

アップセル、クロスセル、ダウンセル、ワンタイムオファーにより売上が上がるとよく言われています。

しかし、インフォトップやインフォカートという情報販売ASPを利用している場合、このような手法を使えない場合があります。

このような場合も木坂のマーケティングを理解しアップセル、クロスセル、ダウンセル、ワンタイムオファーの本質を理解することで問題なく対応できるようになるでしょう。

木坂のマーケティングは、ダイレクトレスポンスマーケティングを日本人向けにカスタマイズしており、非常に有益。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、無料又は格安のオファーにより見込み客を集客し、商品を販売する。そして、お客様にバックエンド商品を提供することで稼ぐという通販の考え方である。

しかし、一般に言われているオファーの考え方や商品販売時に作成するホームページであるセールスレターの作成方法など木坂のマーケティングは、より日本人向けに具体的に体系化されている。

特にセールスレターにおいては、マインドセットの時点から他の起業家とは主張が異なる。OATH。マズローの欲求5段階、QUESTといったセールスレター作成時の基本的な心理理解だけでなく、具体的なGDTの法則という点でも興味深い。

時間がかからないや努力がいらない、お金がかからないなど一般に人間が最も反応すると言われている感情も、木坂のマーケティングではGDTの法則の中で最も弱いと位置付けられている点も面白い。

Copyright © 木坂のマーケティング All rights reserved